こんにちは。家計のお医者さんへようこそ。



この1年間にいただいた相談の中で特に多かったのは、お子さんの教育費準備に関するものでした。教育費と言ってもいろいろありますが、その中でも特にお金がかかると予想される大学資金の準備に多くの方が不安を抱えています。


私にはふたりの子どもがいますが、ひとりは国立大学に通っており、もうひとりは私立大学に通うことが決まりました。


国立大学は卒業までに約250万円、私立大学は約700万円です(←看護学科は施設設備費などという名目で他の学科より余分にかかるようです(泣)。そう、その差は450万円。ここにさらに下宿代までのしかかってくるのですから、我が家の家計は火の車となること間違いなし。


火の車を防ぐ手段として、子どもが小さい頃からがんばって積み立ててきた貯金があります。私は学資保険を利用しました(←もちろん、元本割れしないタイプです。これ大事!)。


お金を貯める方法にはいろいろありますが、銀行の通帳に貯めていくよりも、学資保険の方が確実に貯まるような気がします。解約手続きをするのに勇気が必要ですものね。


いずれにしても、学資保険でお金を貯め続け、満期金を受け取ることができたおかげで、我が家の家計は火の車にはならずに済みそうです(←軽いボヤ程度でしょうか)。とは言え、卒業までの4年間は家計における支出を見直して、今までなんとなく使ってしまっていた使途不明金をなくす努力をしなければ、と思っています。


これが、家計の見直しです。


最後に…。お子さんが産まれてから大学入学までに18年あります。それまでにどれくらいのお金を貯めておきたいですか?

仮に毎月2万円積み立てたとしたら、18年間でどれくらい貯まると思いますか?2万円×12ヶ月×18年、是非計算してみてください。その結果に不充分だと感じたら、毎月の積立額を増やしましょう。「そんなこと言ってもそれ以上積み立てるお金がない!」という場合は、家計の見直しが必要です。

手に入ったお金を何となく使い続けてしまうと、あとで間違いなく痛い目に合います。もうすぐお子さんが産まれるという方、まだお子さんが小さいという方、1日でも早く準備を始めましょう。貯める期間が長ければ長いほど、毎月の積立額も少なくて済みますよ。



以上、4月からふたりの大学生を持つ母となるFP細井より



 

・・・・・・・・・・・・・・・
 *皆様にお願い*
ホームページよりお問い合わせをいただいた場合、通常2日以内にお返事を差し上げておりますが、まれにお問い合わせメールが届かないことがあります。2日以内にお返事が届かない場合、大変お手数ですが再度メールをいただくか、下記までお電話をくださいますようお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・

 

〒410-1121
静岡県裾野市茶畑554-6

TEL/FAX 055-941-6981

E-mail cdx50800@par.odn.ne.jp



 
営業時間

平日 9:00~16:00
休日 土・日・祝日
  *事前予約にて休日も対応可


 お問い合わせ

 お電話で
   平日9:00~16:00

 お問い合わせより
   24時間いつでもOK!




ブログはこちら